おすすめの決済サービス

銀行振込を導入するべき業態・導入するメリットをまとめました

決済代行サービスの豆知識

複雑な手続きを必要としない銀行振込は、事業規模に関係なく手軽に導入できる決済方法です。

中高齢者を含め幅広い世代で認識されているため、以下に当てはまる企業におすすめです。

  • クレジットカードを持たない層に売りたい
  • 決済方法の選択肢を手軽に増やしたい
  • 電話やハガキによる注文にも対応したい

ここでは、銀行振込を導入することで想定されるメリットやデメリットについてご紹介します。

入金が早い決済代行サービス

銀行振込を使った際のメリットとは

自社の指定口座へ料金を振り込んでもらう銀行振込は、クレジットカードや代金引換とともに、オンラインショップでおなじみの決済方法です。

銀行口座さえ用意すれば、個人事業主や小規模経営の会社でもコストをかけることなく導入できます。

銀行振込を決済方法のひとつに加えた場合のメリットは、以下のとおりです。

  • 簡単に導入できる
  • 入金までの所要時間が短い
  • 前払いで未回収リスクを軽減
  • 企業にも個人にも対応できる
  • 高齢者との取り引きに使いやすい

銀行振込は入金管理を専門会社に依頼する方法もありますが、注文数が少ない場合は自社で入金管理することもでき、事業規模に関わらず導入できます。

また、売上金を受け取るまでの時間が短い点も魅力です。

クレジットカードなど他の決済方法を利用した場合、決済代行会社やカード会社を介するため、売上金が入金されるまで日数を要します。

場合によっては入金まで1~2か月かかることもありますが、自社の銀行へ直接振り込んでもらえる銀行振込は、即座に代金を受け取れます。

銀行振込を導入するときは、前払いと後払いのどちらかを設定します。

前払いは商品発送前に代金を入金してもらう方法で、商品発送後に振り込んでもらう後払いに比べると、未回収リスクを軽減することが可能です。

仮に前払い期日までに入金してもらえなかったとしても、商品は発送前のため大きな損失にはなりません。

銀行振込は昔からある支払い方法のため、企業・個人のどちらにも対応できます。

スマホによる携帯キャリア決済や、クレジットカード払いに苦手意識を持っている高齢者にとっても手順が変わりやすく、気軽にショッピングを楽しんでもらえます。

銀行振込を使うことによるデメリットはある?

利便性の高い銀行振込ですが、使い方次第でデメリットも生まれます。

厚生労働省によると、オンラインショッピングで利用されている支払い方法で最も多いものはクレジットカードで、銀行振込は4位でした。

そのため取扱商品や事業内容によっては、必ずしも銀行振込の導入が必要とは言えません。

また、以下のようなデメリットもあげられます。

  • 後払いの場合は未回収リスクがある
  • 振込用紙を作成する必要がある
  • 入金の消込作業が負担になりやすい
  • 銀行ごとに入金タイミングが異なる

銀行振込で後払いを設定しているお店は、商品発送後に代金を振り込んでもらうため、悪質な顧客に当たると未回収のまま音信不通となるリスクがあります。

回収率をあげるには、後日メールで口座番号を知らせるよりも商品に請求書と振込用紙を同封する方法がおすすめです。

ただし、振込用紙を作成する手間が生まれる点はデメリットでしょう。

入金の消込作業も大きな手間となりやすく、家族の銀行口座から振り込んだ結果、注文者の名前と一致しないなどのトラブルが珍しくありません。

銀行ごとに当日振込扱いとなる最終受付時間や入金タイミングが異なる点も、消込作業の負担を増やす原因です。

購入者から「振り込んだ」と連絡がきても、土日を挟んだ場合など即時反映されないことがあります。

このようにデメリットが複数あげられる銀行振込ですが、大きく分けると内容は作業負担と未回収リスクの2タイプのみに絞られます。

多少コストをかけて良いのであれば、専門の決済代行サービス会社に委託することでこれらのデメリットやリスクを避けることができます。

銀行振込を導入したほうがいいのは中高齢者向けのお店

銀行振込による決済へ対応すべき業態・業種は、中高齢者向けの通販会社があげられます。

30~50代の働き盛り世代にはクレジットカード決済が浸透しており、若年層にはQRコード決済などスマホひとつで完了する決済方法が人気です。

一方、中高齢者にはキャッシュレス決済の操作へ苦手意識を持っている方が多く、長く利用されてきた銀行振込にこそ利便性を感じるものです。

以下のような企業やお店は、銀行振込の導入を検討してはいかがでしょうか。

  • 電話注文も受け付けるカタログ通販
  • 毎月分割払いありの通信学習
  • 分割払い対応の高額商品専門店
  • 企業向け商品・サービスの販売

銀行振込を希望する中高齢者が日常的に利用しているのが、カタログ通販などインターネットを介さない買い物です。

電話注文やハガキによる注文には、代金引換の他に手軽な銀行振込が喜ばれます。

決済代行サービス会社へ業務を委託する場合は、代金を数か月に分けて継続請求できる分割請求オプションを利用できる会社が便利です。

クレジットカードを利用せずとも分割払い可能となれば、カードを持たないユーザーにも高額商品の購入を検討してもらいやすくなります。

更に、銀行振込は個人客のみではなく、企業による注文にも対応しやすいメリットがあります。

銀行振込での支払いに対応していれば、クレジットカードの有無に関わらず取引きできるうえ、後払いで納品スピードを優先することも可能です。

掛け払いが難しい相手や、企業ではない団体(部活やアマチュアクラブなど)からの大量注文も受けやすくなります。

まとめ

銀行振込はクレジットカードを持たない層からの要望が多く、企業・個人のどちらにも対応できる利便性の高い決済方法です。

請求書(払込票)を工夫すれば分割払いにも対応できるうえ、メールで振込先口座情報を通知する方法を選ぶと、請求書発行の手間自体も省略できます。

個人事業主や小規模経営でも導入しやすいハードルの低さもあるため、最初に導入する現金以外の決済方法として検討してはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました